JAAM日本アセットマネジメント協会

一般社団法人 日本アセットマネジメント協会
HOME > アセットメトリクス > アセットメトリクス概要

アセットメトリクス概要

アセットメトリクス [Asset-Metrics]

インフラ資産のアセットマネジメントの実践を支援します.

アセットメトリクス[Asset-Metrics] (京都モデル)は現場主義に基づき実際のデータを用いた劣化パフォーマンス評価,ベンチマーキング評価など,アセットマネジメントの継続的改善のための課題を発見する評価結果を提供します

アセットメトリクス [Asset-Metrics]

アセットメトリクス [Asset-Metrics] は,維持補修の優先順位を検討したり,維持補修計画や予算計画を作成したりするため,一般社団法人日本アセットマネジメント協会が提供する支援ツール,或いは支援サービスで,次のようなコンセプトに基づいて開発されたものです.

  1. 現場主義・現場の実データに基づくアセットマネジメント技術の確立
  2. 知識マネジメントによるアセットマネジメントの継続的改善
  3. 評価技術を通じたマネジメント上の課題の発見と問題解決

インフラ資産の劣化パフォーマンスの評価(劣化予測),さらには,ライフサイクル費用最小化,インフラ資産の価値の最大化といった工学的・経済学的視点からのマネジメントのための評価分析サービス,その他新たな課題に対する研究開発の支援サービスを,確率論や数理統計学を用いたアプローチによるソリューションを通じて提供します.

アセットメトリクス [Asset-Metrics] は,実データに基づく技術であるため,データが蓄積されていれば,いかなるインフラ資産にも対応,カスタマイズすることができます.これまで,道路(舗装),橋梁,上下水道,鉄道,空港,情報システムなど,多様なインフラ資産のマネジメントでの適用実績があります.また,現在,データが蓄積されていない場合にも,データベースシステムの構築方法などのコンサルティングサービスを提供します.

このようなご要望にお応えします

・様々な要因の影響を加味したインフラ資産の劣化予測モデルを,実データから統計的に推計したい
・インフラ資産の劣化パフォーマンスを評価したい
・一部のインフラ資産の状態データからデータのないインフラ資産の状態を推定したい
・一部のインフラ資産の状態データからデータのないインフラ資産の状態を推定したい
・劣化予測モデル,劣化パフォーマンス評価モデルを使ってアプリケーションを開発したい
・その他,実データを用いたマネジメントシステム,データベースシステムを構築したい


次のページ:アセットメトリクス サービス詳細

【お問い合わせ窓口】