JAAM日本アセットマネジメント協会

一般社団法人 日本アセットマネジメント協会
HOME > JAAMメールマガジン

8月8日 JAAMメールマガジン 第2号:ご挨拶、設立記念講演会、CAMA試験、JIS最新


一般社団法人日本アセットマネジメント協会 JAAMメールマガジン H29.8.8 発行

■今回の記事一覧
1.小林会長のあいさつ
ISOは役にたつか
2.イベント案内
① JAAM設立記念講演会(9月21日開催)のご案内
② CAMA試験のご案内
3.アセットマネジメントシステム関連情報
JIS Q 55000~55002の発行予定(8月25日)のお知らせ

【小林会長のあいさつ】
  ISOは役にたつか

わが国で多くの企業がISO9001、ISO14001等のプロセス標準を導入していまますが、その 評判は必ずしも芳しくありません。公共調達の参加要件や企業の評判を確立することが動機 である場合が多く、組織ガバナンスを動機とする事例は極めて少ないと思います。ISOの導入 により、「文書作業の負担が多くなった」等の不満が多く聞かれます。わが国における認証評価 の有り様にも問題があるが、ISO導入がマネジメントガバナンスにつながらない原因について 考えてみる必要があります。
 
アセットマネジメントを導入したにもかかわらず、せっかくのマネジメントシステムが機能して いないという事例は枚挙にいとまがありません。多くの組織がPDCAサイクルの重要性を謳って いるにも関わらず、PDCAの成功事例が少ないのが実情です。「Plan-Do-Check」プロセスは機能 しているが、「Check-Action」プロセスが機能しないのです。欧米各国においてもマネジメント サイクルにおいて「Check-Action」のプロセスは、やはり自発的には機能しにくい部分です。 そこで、ISOを導入することにより、半ば強制的に「Check-Action」プロセスを機能させること が必要となるのです。
 
日本的組織において、マネジメントシステムが存在していないわけではありません。むしろ、 細やかなマネジメントシステムが発達している場合が多いと思います。しかし、マネジメントの ガバナンスが、組織固有のルールや慣習、責任者によるそのときどきの判断や指示に依存している 場合が多いのです。これに対して、ISOは、「あなたの後継者(部下)が、期待するようには動かない」 組織風土を想定しています。そこで、マネジメントシステムを可能な限り単純なルールを用いて 記述することを通じて、継続的にシステムを改善しようとするマネジメント理念が貫かれています。 これは、「歩きながら考える」というアングロサクソン的発想かもしれません。しかし、日本的組織 においても、PDCAサイクルが機能しない状況をみるにつけ、PDCAサイクルを達成させるISO導入 が不可欠であると思います。

【イベント案内】  ① JAAM設立記念講演会(9月21日開催)のご案内

一般社団法人日本アセットマネジメント協会(JAAM)の設立を記念し、日ごろ当協会の活動にご理解・ ご支援を賜っている方々を御来賓としてお招きして、平成29年9月21日(木)の午後に日本消防会館 (ニッショーホール)において記念講演会を開催いたします。

講演者は、当協会会長の小林潔司(京都大学経営管理大学院経営研究センター長、教授)、及びアセット マネジメントの分野で世界的に活躍しているコンサルタント会社The Woodhouse Partnership Ltd.の Mr. Alan Laird(PRINCIPAL CONSULTANT, TWPL ASSET MANAGEMENT EXPERT)を予定しています。

JAAMやアセットマネジメントの今後の展望、世界的なアセットマネジメントの最新動向等を知る絶好の機会となります。多くの方のご参加をお待ちしております。

【プログラム】(予定)
14:00 ~ 14:10 開会挨拶
14:10 ~ 14:30 来賓のご紹介とご挨拶
         国土交通省・経済産業省
14:30 ~ 15:00 基調講演1
         アセットマネジメントの課題とJAAMの目指すところ
         JAAM会長 小林潔司
15:00 ~ 15:20 休 憩
15:20 ~ 16:20 基調講演2
         アセットマネジメントの戦略論と世界の動向(仮題)
         Mr. Alan Laird, The Woodhouse Partnership Ltd.
         ※通訳有
16:20 ~ 16:30 閉会挨拶

※プログラムは予告なく変更の可能性があります。

【参加費】無料(事前登録制)
【定 員】740名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)

講演会の詳細および参加申込みにつきましては、講演会ウェブサイトをご参照ください。
https://www.ja-am.or.jp/seminar_lecture/0921lecture-meeting.html

【イベント案内】  ② CAMA試験 のご案内

JAAMでは、今年12月に「アセットマネジャー検定試験」を実施する予定です。この検定試験は、 アセットマネジメントの知識や理解を国際的に証明する試験で、オーストラリア、アメリカ、カナダ、 ブラジルなども参加して実施されている「CAMA試験」(CAMA:Certified Asset Management Assessor)の日本語版です。試験合格者には、日本語、英語、ポルトガル語での証明書も発行されます。
10月頃には検定試験のための講習会も実施される予定ですので、ぜひ積極的にご参加ください。

詳細につきましては、次回のメルマガ、JAAMホームページなどで随時お知らせいたします。

【CAMAのURL】http://www.wpiam.com/about/about-cama.html

【アセットマネジメントシステム関連情報】
JIS Q 55000~55002の発行予定(8月25日)のお知らせ

8月25日(金)にJIS Q 55000シリーズが、国土交通省・経済産業省共管の規格として制定される
ことになりました。

JIS Q 55000シリーズは、2014年に第1版として発行されたISO 55000シリーズを基に、
技術的内容及び構成を変更することなく作成した日本工業規格です。
ISO 55000シリーズがわが国の国家規格(JIS)に位置付けられることで、規格の理解促進と ISO 55001認証取得の普及を通じて、インフラストラクチャーの維持管理・活用の推進に貢献 することが期待されています。

【JIS Q 55000シリーズの構成】
・JIS Q 55000 アセットマネジメント-概要,原則及び用語
・JIS Q 55001 アセットマネジメント-マネジメントシステム-要求事項
・JIS Q 55002 アセットマネジメント-マネジメントシステム-JIS Q 55001の適用のための指針

なお、JIS規格票は、8月25日以降、(一財)日本規格協会で販売が開始されるほか、別に ご案内しております「アセットマネジメント技術講習会2017」(8月28日から30日開催) 及び「JAAM設立記念講演会」(9月21日開催)に受講・出席される方々には、参加者特別価格として

定価の10%引で購入できる注文書を配布いたします。



 

発行元: 一般社団法人 日本アセットマネジメント協会(JAAM)      
https://www.ja-am.or.jp  
メルマガの登録: https://www.ja-am.or.jp/application/mailmg_index.html  
メルマガの登録解除: https://www.ja-am.or.jp/application/mailmg_cancel.html  
※登録内容の変更は、お手数でございますが、一旦登録を解除した後、再度登録して下さい。  
お問い合わせ: inquiry[*]ja-am.or.jp
([*]の部分を@に置き換えてください)