JAAM日本アセットマネジメント協会

一般社団法人 日本アセットマネジメント協会
HOME > JAAMメールマガジン

4月15日 JAAMメールマガジン 第22号

一般社団法人日本アセットマネジメント協会 JAAMメールマガジン 2019.4.15 発行

■今回の記事一覧

  1. コラム「JAAMの国際活動 ~アセットマネジメントの海外動向~(3)」
  2. アセットマネジメントシステム関連情報
    • 〇アセットマネジメント講演会 in 仙台 のお知らせ
    • 〇官民連携ワークショップ(上下水道を例として)のお知らせ
  3. イベント情報
    • ○第8回JAAMイブニングセミナー(5月20日(月))「水道法改正」

 

■【コラム】
JAAMの国際活動 ~アセットマネジメントの海外動向~(3)

 第3回は、JAAMのWPiAM(World Partners in Asset Management)への参画について紹介します。
 WPiAM(World Partners in Asset Management)は、2014年にオーストラリア、ブラジル、フランス、カナダ、米国の5か国のアセットマネジメント又はメンテナンスの関係機関の出資により設立された非営利団体です。ISO 55000シリーズに準拠したアセットマネジメントの知識を広げるとともに審査員を育成することを主な活動と位置付けています。南アフリカ、ベルギー、湾岸諸国、日本からの参加も加わり、活動範囲を広げています。
 WPiAMの活動の大きな柱がCAMA(Certified Asset Management Assessor)試験です。個人のアセットマネジメントの知識や理解を国際的に証明するための試験として2014年に開始されました。主にISO 55000シリーズの内容について出題され、これまでオーストラリア、米国、カナダ、ブラジル、日本などで行われてきました。試験の合格者には、アセットマネジメントの知識を国際的に認める証明書(Certificate)が発行されます。
 日本は2017年にWPiAMに準会員として加盟し、これまで計3回の日本語版CAMA試験を実施してきました。JAAMがWPiAMと連携して試験問題を和訳し、事前対策講習会なども開催しながら、その普及に努めてきました。これまでの受験者は延べ約300名、合格者(=認定資格者)は約150名に上ります。わずか1年半の間に受験者数、認定資格者数を急激に伸ばしたため、日本に対するWPiAM参加各国からの注目が集まっています。
 現在、WPiAMは2014年につくられた母体を一旦解散し、新たな加盟国も含めた新組織の設立に動いています。フランスは事情により脱会しましたが、オーストラリア、ブラジル、カナダ、米国、南アフリカ、ベルギー、湾岸諸国、日本の団体で構成される新組織にもうすぐ生まれ変わります。JAAMは新組織に正会員として加盟し、CAMA試験の問題作成と改善、WPiAMの認知向上、ISO 55000シリーズの普及に貢献していこうと考えています。
 通常、WPiAMの会議は前回ご紹介したGFMAMの会議に合わせて開催され、今年は5月に南アフリカ・ステレンボシュ、10月にブラジル・リオデジャネイロで開かれる予定です。また、1時間程度のウェブ会議も定期的に行われ、情報共有や今後の取り組みについて議論を行っています。
 CAMAの資格保有者が150名を超え、WPiAMにおける日本のプレゼンスも上がってきました。今後は日本のアセットマネジメントの特徴も他国に説明しつつ、国際的に通用するアセットマネジャーの育成を目指し、WPiAMの各種活動に積極的にコミットしていきたいと考えています。

(日本アセットマネジメント協会理事 竹末 直樹)

■【アセットマネジメントシステム関連情報】
アセットマネジメント講演会 in 仙台 のお知らせ

 復興・創生期間後の継続的な地域発展に向け、その先の10年、アセットマネジメントの
視点からどのように対応していったらよいかなどをテーマに、下記の通り仙台において
「アセットマネジメント講演会」が開催されることとなりました。
 東日本大震災の困難を乗り越えて東北地方が新たなステージに飛躍するため、
アセットマネジメントの切り口で幅広く議論を深めますので、奮ってご参加いただきますよう
お願いいたします。

〔開催概要〕
 日時:2019年5月14日(火) 13時00分~17時00分
 会場:仙台国際センター展示場
 主催:公益社団法人 土木学会東北支部
 共催:一般社団法人 日本アセットマネジメント協会(JAAM)
    公益社団法人 土木学会インフラメンテナンス委員会
 プログラム(予定)
   基調講演「2年後に迎える復興終了を期して」  
       久田 真(土木学会インフラメンテナンス委員会委員長、東北大学大学院工学研究科教授)
   特別講演「地域アセットマネジメントの展開による地域再生(仮)」
       小林 潔司(土木学会会長、JAAM会長、京都大学経営管理大学院特任教授)
   パネディスカッション「地域アセットをどう守り価値を引き出すか」
 参加予定者数:300人
 参加費:土木学会員、JAAM会員 1人1000円
     非会員         1人2000円 (ともに資料代込み)
 参加募集:公益社団法人 土木学会 15本日公開予定
 参加申込URL:http://www.jsce.or.jp/branch/tohoku/info/webentry/2019/20190514asset.html 
新着情報よりお申込み下さい。  
 申込締切:5/7(火)

官民連携ワークショップ(上下水道を例として)のお知らせ

 昨年12月の水道法改正を契機として、コンセッションをはじめとする社会インフラ事業の
官民連携が社会的に注目を集めました。
 JAAMでは、上下水道などの社会インフラの官民連携をめぐる課題に対して、
アセットマネジメントの考え方から解決策を見出すための検討を行ってまいりました。
その成果をもとに、下記の通りワークショップを開催いたします。インフラの官民連携に
関心のある方々のご参加を心よりお待ちしております。

〔開催概要〕
日時:2019年5月14日(火)10時00分~12時00分
会場:仙台国際センター 展示棟 会議室4-B
主催:一般社団法人 日本アセットマネジメント協会(JAAM)
プログラム(予定)
  開会挨拶
   小林 潔司 JAAM会長、京都大学経営管理大学院特任教授
  基調講演(問題提起)
   藤木 修 JAAM理事、京都大学経営管理大学院特定教授
 パネルディスカッション「アセットマネジメントからのアプローチ」
参加予定者:40名
参加費:地方公共団体、政府機関又はJAAM準会員 無料
    JAAM正会員(団体・個人) 1人2,000円
    上記以外 1人10,000円
参加募集・参加申込:会員の皆様は、JAAMホームページの会員サイトよりお申込み下さい。
非会員の皆様で参加を希望される方は、JAAM事務局 inquiry[*]ja-am.or.jp
までお問い合わせ願います。([*]の部分を@に置き換えてください)
申込締切:5/7(火)

■【イベント情報】
〇第8回JAAMイブニングセミナーのお知らせ

JAAMでは、アセットマネジメントを取り巻く最新の情報を提供し、これをもとに
出席者の皆様で意見交換などを行っていただく「JAAMイブニングセミナー」を開催しています。
「第8回JAAMイブニングセミナー」を、下記の通り、5月20日(月)に開催します。

 テーマ:「水道法改正に伴うアセットマネージメントの重要性」
 日 時:2019年5月20日(月)18時~20時30分
 場 所:株式会社マネジメントシステム評価センター(MSA)5階第一会議室
     〒108-0023 東京都港区芝浦四丁目4番44号 横河ビル
 講 師:吉村 和就 様(グローバルウォータ・ジャパン代表)
 参加費:JAAM法人(正会員・準会員)・個人会員 5,000円、非会員10,000円(税込)

詳細情報、お申込みは
https://www.ja-am.or.jp/evening_seminar/index201905.html
を参照ください。

お仕事などを終えた夕べのひととき、幅広い分野の方々とアセットマネジメントについて語らう
本イブニングセミナーへのご参加をお待ちしております。



 

発行元: 一般社団法人 日本アセットマネジメント協会(JAAM)      
https://www.ja-am.or.jp  
メルマガの登録: https://www.ja-am.or.jp/application/mailmg_index.html  
メルマガの登録解除: https://www.ja-am.or.jp/application/mailmg_cancel.html  
※登録内容の変更は、お手数でございますが、一旦登録を解除した後、再度登録して下さい。  
お問い合わせ: inquiry[*]ja-am.or.jp
([*]の部分を@に置き換えてください)