JAAM日本アセットマネジメント協会

一般社団法人 日本アセットマネジメント協会
HOME > JAAMメールマガジン

6月10日 JAAMメールマガジン 第24号

一般社団法人日本アセットマネジメント協会 JAAMメールマガジン 2019.06.10 発行

■今回の記事一覧

  1. コラム「ISO 55001へのアプローチ:サービスプロバイダー編(1)」
  2. アセットマネジメントシステム関連情報
    • ○KBRC アセットマネジメント講習会資料公開のお知らせ(会員限定)
    • ○ISO/TC 251南京会議の報告
    • ○第4回認定アセットマネージャー国際資格検定試験および事前対策講習会延期のお知らせ
  3. イベント情報
    • ○第9回 JAAMイブニングセミナー(6月21日(金))〜明日の日本のために観光自動車道を活かす〜
    • ○JAAMセミナー アセットメトリクス入門(6月27日(木)-点検データと劣化パフォーマンス-

 

■【コラム】
ISO 55001へのアプローチ:サービスプロバイダー編(1)

 今回から数回に分けて、これからISO 55001へ取り組まれる皆様、特に建設分野でサービスプロバイダー(受注者)としてアプローチされるケースを想定して、情報提供したいと思います。第1回のテーマは「アセットマネジメントの原点」です。

アセットマネジメント イメージ トンネルの天井板落下事故からアセットマネジメントがクローズアップされ始めたと言われていますが、それ以前にもトンネルや橋梁からコンクリート塊が剥離/落下した事故が続き、ニュースや新聞記事になった時期がありました。それまで、構造物を造る立場からは「安全率に余裕を見て設計され、優れた日本の建設技術で造られたものなので安全であるはず」という意識もあったかと思いますが、この「安全神話」が崩れ、「構造物には寿命があり、終末期が迫っている」と認識の転換を余儀なくされた時期でもありました。

 構造物自体の老朽化/寿命以外にも財務面での管理も大きな懸念材料です。財政が悪化し、公共サービスが受けられなくなった地域の状況がニュースになったことがあります。住民の方が、道路が使えなくなると生活に支障が出るので、自ら道路にあいた穴をレミファルトで埋める作業をしていた姿から、現実の厳しさが伝わってきました。
 また、災害のリスクもあります。最近は豪雨災害が頻発していますが、道路が寸断されて集落が孤立するというニュースが流れる度に公共インフラの重要性を思い知らされます。自然の猛威により人間のつくったものが破壊される映像は衝撃的で「人間の力は小さい」という無力感を感じると同時に「今後、どうやって生活を維持していくのか」という問題に直面します。

 公共インフラは人間の生活/生命に直接かかわっているのでその資産価値は金額だけでは計れない側面があります。その価値は失ってみて初めてわかるものなのかもしれません。世界には、水道がなくて水瓶を頭にのせて水を運んでいる国もあります。蛇口をひねれば水が出てくる便利な生活に馴染んでしまった身体には、想像もつかない労苦ですが、上記のようなニュース報道の度に「私たちの生活も紙一重なのだ」と感じます。特に、建設分野の方は、これらの一連の問題から、少なからずインフラ施設の維持管理に危機感を抱かれているのではないでしょうか。

 アセットマネジメント イメージアセットマネジメントの規格であるISO 55001には、個々の事例に対する具体的な解決策は書かれていませんが、「リスクや優先順位を考慮して管理する」ことを意図しており、私たちが胸に抱いている気持ちと同じ危機感が原点となっています。公共インフラの老朽化に限らず、高齢化と人口減少が加速化している状況で、社会資産をどのように管理していくのか我が国が直面している課題であり、この危機感がISO 55001へのアプローチの強力な推進力になるはずです。


(日本アセットマネジメント協会理事 藤 井  信 二)

■【アセットマネジメントシステム関連情報】

○KBRC アセットマネジメント講習会資料公開のお知らせ(会員限定)

(一社)京都ビジネスリサーチセンター(KBRC)(URL:http://kbrc.jp)では、ISO 55000シリーズの概要とそれを支える要素技術について、工学およびマネジメントの視点から包括的に説明し、アセットマネジメントに関する理解を促進することを目的とした集中講義型セミナーを2011年より実施しています。この講習会の過去の資料を、講師の特別の許可をいただき、JAAM会員ページで公開しています。ぜひご覧ください。
https://www.ja-am.or.jp/member_login

○ISO/TC 251南京会議の報告

2019年5月6日~10日に中国の南京にて、ISO/TC 251会合が開催されました。会議に先立ち、開発中のISO/TS 55010(アセットマネジメントにおける財務機能と非財務機能の整合に関するガイドライン)のDTS投票、ISO 55011(アセットマネジメント-公的方針の作成者のためのガイドライン)のCD投票がそれぞれ可決され、提出された意見を元に議論が行われました。ISO/TS 55010は、2019年秋頃の発行、ISO 55011は2019年11月頃までにDTS段階へと進むことが予定されています。
日本からは、JAAMの竹末理事(ISO/TC 251国内審議委員会委員長)などが参加し、規格開発の議論に加わるとともに、JAAMの活動や日本のアセットマネジメントの取り組みを紹介しました。
会議のコミュニケ(英語)が、ISO/TC 251ホームページで公開されていますので合わせてご覧ください。

https://committee.iso.org/sites/tc251/home/news/content-left-area/news-and-updates/communique-on-the-7th-meeting-of.html

○第4回認定アセットマネージャー国際資格検定試験および事前対策講習会延期のお知らせ

第4回認定アセットマネージャー国際資格検定試験および事前対策講習会につきましては、ホームページや5月号のメールマガジンにて案内をしておりましたが、試験の実施主体であるWPiAM(World Partners in Asset Management)の改組ならびに財務計画の見直し等のため、今夏の試験の実施を見合わることといたしました。参加のお申し込みや準備をして下さった方には大変申し訳ありませんが、なにとぞご了承ください。
なお、WPiAMとの調整がつきましたら、改めて次回の試験日程などをご案内いたします。

【イベント情報】
○第9回 JAAMイブニングセミナー(6月21日(金))〜明日の日本のために観光自動車道を活かす〜

 JAAMでは、アセットマネジメントを取り巻く最新の情報を提供し、これをもとに出席者の皆様で意見交換などを行っていただく「JAAMイブニングセミナー」を開催しています。
「第9回JAAMイブニングセミナー」を、下記の通り、6月21日(金)に開催します。

 テーマ:「明日の日本のために観光自動車道を活かす」
 日 時:2019年6月21日(金)18時~20時30分
 場 所:株式会社マネジメントシステム評価センター(MSA)5階第一会議室
     〒108-0023 東京都港区芝浦四丁目4番44号 横河ビル
 講 師:中川 均 様(一般社団法人 日本観光自動車道協会 代表理事)
 参加費:JAAM法人(正会員・準会員)・個人会員 5,000円、非会員10,000円(税込)

詳細情報、お申込みは、以下URLをご参照ください。

https://www.ja-am.or.jp/evening_seminar/index201906.html

お仕事などを終えた夕べのひととき、幅広い分野の方々とアセットマネジメントについて語らう本イブニングセミナーへのご参加をお待ちしております。

○JAAMセミナー アセットメトリクス入門 -点検データと劣化パフォーマンス-

本セミナーは、JAAMが提供するアセットマネジメント支援ツールである「アセットメトリクス」について、確率統計の専門知識の有無に関係なく、評価手順を一つ一つわかりやすく説明し、アセットメトリクスのオンライン上の利用方法と実践に向けた理解のための入門的な講義を目的とするものです。
今回の本セミナーでは、実際のインフラ資産のサンプルデータを用いて、劣化パフォーマンス評価を行います。劣化パフォーマンス評価では、講師等が、実際に評価用のデータを作成し、オンライン上のアセットメトリクスのツールから劣化パフォーマンス曲線を描き、インフラ資産の寿命や更新時期の推定を実践します。
 テーマ:点検データと劣化パフォーマンス
 日 時:2019年6月27日(木)
 場 所: ビジョンセンター田町 2F 406号室 【地図
 講 師: 京都大学経営管理大学院特命教授 藤木修先生、客員准教授 青木一也先生、東北大学災害科学研究所助教 水谷大二郎先生
 参加費: 無料

詳細情報、お申込みは、以下URLをご参照ください。
https://www.ja-am.or.jp/seminar_lecture/seminar_asset-metrics201906.html

アセットメトリクスについては、以下URLで詳しく説明しています。実際の使用感を試すことのできるデモサイトもありますので、ぜひご覧ください。
https://www.ja-am.or.jp/asset-metrics


 

発行元: 一般社団法人 日本アセットマネジメント協会(JAAM)      
https://www.ja-am.or.jp  
メルマガの登録: https://www.ja-am.or.jp/application/mailmg_index.html  
メルマガの登録解除: https://www.ja-am.or.jp/application/mailmg_cancel.html  
※登録内容の変更は、お手数でございますが、一旦登録を解除した後、再度登録して下さい。  
お問い合わせ: inquiry[*]ja-am.or.jp
([*]の部分を@に置き換えてください)