JAAM日本アセットマネジメント協会

一般社団法人 日本アセットマネジメント協会
HOME > セミナー・講演会

マルコフモデルによる劣化予測入門webセミナー(8/5、8/17開催)

セミナー概要

アセットマネジメントを支援するためのツールとして、マルコフ劣化ハザードモデルに代表される実データを用いた統計的劣化予測手法が盛んに研究・開発されています。これらの数理モデルに関して、「実務への導入を検討している」というお声を実務者の方々から頂戴しております。その反面、「モデルの数式がややこしく理解が難しい」、「実務で利用するにあたり、何を理解していたら良いのかが分からない」といったご意見も併せてお伺いしております。

 

本セミナーでは、これらの数理モデルを基礎から丁寧に説明し、実務への導入検討をサポートすることを目的と致します。具体的には、マルコフ劣化ハザードモデルを対象として、数式の意味を丁寧に説明し。モデルを直感的にご理解頂けるようなセミナー内容を予定しております。セミナー受講者の皆様におかれましては、セミナーを通じてモデルの中身や適用範囲をご理解頂き、セミナー後に、ご自身でモデルの中身のご説明や結果の解釈を行って頂けること、お手元のデータからマルコフ劣化ハザードモデルを推定して頂けることを目指しております。また、マルコフ劣化ハザードモデルの推定結果が、ISO55000シリーズで求められるアセットマネジメントのどのプロセスで利用可能なのかという視点も紹介させて頂ければと考えております。本セミナーに是非ともご参加頂き、実務への導入検討や社会人の学び直しのための場としてご活用頂けると幸いです。

 

セミナー開催日時

2021年8月05日(木)15:00~17:00
2021年8月17日(火)15:00~17:00
※ご都合の良い日をご選択ください。

(主な内容)

  1. 統計的劣化予測
  2. マルコフモデル
  3. マルコフ劣化ハザードモデル
  4. モデル推定手法とそのために必要な点検データ
  5. モデル推定結果の解釈とISO55000シリーズとの関連性

【講師のプロフィール】講師(敬称略)

山本明彦

水谷 大二郎
博士(工学)、Certified Asset Management Assessor (CAMA)
2016年9月 大阪大学大学院工学研究科博士後期課程 修了
2016年4月-2017年3月 チューリッヒ工科大学 Research Associate
2017年4月- 2017年7月 大阪大学大学院工学研究科 特任研究員
2017年8月- 2020年9月 東北大学災害科学国際研究所 助教
2020年10月- 現在 東北大学大学院工学研究科 助教
受賞歴:土木学会論文賞(平成29年度、平成30年度、令和元年度)、土木学会論文奨励賞(平成28年度)、第3回JAAM研究発表会 JAAM賞(2019年) など

  詳細なプロフィール水谷大二郎プロフィール 研究実績水谷大二郎実績


セミナー開催方式

セミナー前日にWebセミナーへの参加方法などメールにてご案内申し上げます。
また、Web環境により、セミナーにご参加いただけない場合がありますので、事前にWeb環境について確認させていただく場合がございますので、よろしくお願い申し上げます。

 

受講料(税込み)

JAAM会員及びJAAM会員組織の職員:5,000円
JAAM非会員:10,000円