JAAM日本アセットマネジメント協会

一般社団法人 日本アセットマネジメント協会
HOME > アセットメトリクス > アセットメトリクス 導入までの流れ

アセットメトリクス 導入までの流れ

アセットメトリクス [Asset-Metrics]

インフラ資産のアセットマネジメントの実践を支援します.

アセットメトリクス[Asset-Metrics] (京都モデル)は現場主義に基づき実際のデータを用いた劣化パフォーマンス評価,ベンチマーキング評価など,アセットマネジメントの継続的改善のための課題を発見する評価結果を提供します.

 

お客様の課題,ご要望をアセットマネジメントのエンジニアがお伺いいたします.このとき,お客様が管理されている維持管理のデータ,維持管理の実態について詳しく確認させていただきます.
※初回のお打ち合わせは無料となります.

 

ご要望の内容に応じたベストな専門家によるコンサルティングチームをご提案します.高度な技術,研究的要素を含む場合にはKBRC/AMI(京都ビジネスリサーチセンター/アセットマネジメントインスティチュート)の専門家が対応します.

 

コンサルティングチームは,お客様のご要望に適した業務の実施方針,実施方法やスケジュールなどをご提案します.

 

実施方針を確認した後に契約,業務実施となります.

次のページ:アセットメトリクスを使ってみよう

【お問い合わせ窓口】