HOME > 認定アセットマネージャー国際資格検定試験

認定アセットマネージャー国際資格検定試験(日本語版CAMA試験)

我が国においては、高度経済成長期に整備された社会インフラアセットの老朽化が進み、これまで以上にアセットからの価値に実現に重点をおいたアセットマネジメントの実施が必要となっています。我が国のメンテナンス技術は世界でもトップクラスの水準を誇る一方で、マネジメントの観点でその技術を運用していく、アセットマネージャーの人材は十分とは言えず、その育成が急務となっています。
このような時代要請の中、日本アセットジメント協会はアセットマネジメントの国際組織WPiAM(World Partners in Asset Management)と連携し、アセットマネジメントの国際規格(ISO 55000シリーズ)に対応した、認定アセットマネージャー国際資格検定試験と事前対策講習会を実施いたします。
組織のアセットマネジメントやISO 55000シリーズに関連する業務に携わる方、ISO 55001内部監査員・審査員、アセットマネジメントに興味をお持ちの方など、奮ってご参加下さい。

【お知らせ】

好評につき、東京会場と大阪会場のCAMA試験の受験申込者は定員に達しましたので、募集を締め切らせていただきます。なお、東京会場で、講習会のみご参加を希望する方は、若干お席がありますので、引き続き募集させていただきます。名古屋会場はCAMA試験と事前対策講習会の両方を募集中です。

 

認定アセットマネージャー国際資格検定試験(日本語版CAMA試験※)

日  時 :2017年12月17日(日) 午後
実施場所 :東京(東京は定員の80名に達しましたので締め切りました。
大阪(大阪は定員に達しましたので締め切りました。)、名古屋(定員10名)
受験料(税込み) :JAAM正会員 30,240円(法人正会員、個人正会員)、JAAM準会員、JAAM非会員 41,040円
申込受付 :10月13日〜(JAAM正会員は10月6日〜)

※検定試験を受けるには、下記の条件をすべて満たす必要があります。
 (1) アセットマネジメントに関連する5年以上の実務経験を持つこと。
 (2) JAAMが実施する事前対策講習会を修了していること。

※認定の有効期間は3年です。認定を受けた方は3 年間に、継続教育のポイント(CPD ポイント)を50 ポイント獲得することにより、認定を更新することができます。十分なCPD ポイントを貯められていない場合は、試験に再度合格し、認定を受けなければなりません。JAAMでは、それに対応するための更新講習会の実施を計画しています。

※お支払い方法は、銀行振り込みになります。
振 込 先 三井住友銀行 三田通支店 普通 口座番号 8481110
口座名義 一般社団法人 日本アセットマネジメント協会
シヤ)ニホンアセツトマネジメントキヨウカイ



事前対策講習会

日時、実施場所 :2017年11月11日(土)9:30〜17:00 名古屋(定員10名)
:2017年11月12日(日)9:30〜17:00 東京(定員90名。残り若干名)、大阪(大阪は定員に達しましたので締め切りました。
受講料(税込み) :JAAM会員/非会員共通 30,240円
申込受付 :10月13日〜(JAAM正会員は10月6日〜)

認定アセットマネージャー国際資格検定試験を受験される方は、必ず本講習会を受講してください。
※本講習会は、アセットマネジメントの実務経験のない方でも受講可能です。受講を完了した方には、JAAMより修了証を発行します。


試験および講習会の詳細な開催場所および時間、参加申込方法等の情報は、随時このページでお知らせします。JAAMメールマガジンでもご案内しますので、登録がまだの方は、この機会にぜひご登録ください。

※CAMA(Certified Asset Management Assessor)試験は、個人のアセットマネジメントの知識や理解を国際的に証明するための試験で、オーストラリア、アメリカ、カナダ、 ブラジルなどでも実施されています。試験内容は、アセットマネジメントの国際規格(ISO 55000シリーズ)とその適用方法等に関するもので、試験合格者には、日本語、英語、ポルトガル語の3種類の証明書が発行されます。CAMAの詳細はWPiAMのウェブサイト(英語)をご覧下さい。

認定アセットマネージャー国際資格検定試験について、よくある質問と回答をこちらにまとめました

CAMA資格取得までの流れ

CAMA資格取得までの流れ