HOME >CAMA試験の例題

CAMA試験の例題

 

1.ISO 55002の指針によれば、運用・維持管理計画の変更は誰に伝達されるのが望ましいか?
  A: 組織のすべてのメンバー。
  B: 伝達計画で決められたように。
  C: トップマネジメントに。
  D: 年次ごとに。

2.組織がそのアセットからの価値を実現しようとするとき、変更の検討や実施に際して、確実かつ適切に
  バランスさせることを検討しなければならない3つの要因は何か?
  A: 価値の宣言、アウトプット、状態。
  B: コスト、アセットの経年数、パフォーマンス 。
  C: 組織への影響、顧客満足、コスト。
  D: コスト、リスク、パフォーマンス。

3.トリプルボトムライン評価とは何を意味するか?
  A: 社会、環境、経済の要因を意思決定プロセスに統合すること。
  B: 投資オプションの比較に際して、現在価値、最新価値、将来価値の数値を示すこと。
  C: 熟練のマネジメントのための協力において最低限3つのシナリオを示すこと。
  D: 投資の選択肢の比較に際して、最低限3つの売り手の見積りを用意すること。

4.FMECAとは何か?
  A: 故障方法・影響及び致命度解析。
  B: 故障・維持管理・努力及び力量評価。
  C: 故障モード・影響及び致命度解析。
  D: 故障モード、証拠及び原因に関する側面。

5.次のうち、組織に影響を与えるかもしれない外部の変化を評価するアプローチとして正しくないものはどれか?
  A: PESTLE。
  B: HAZOPスタディーズ。
  C: 環境スキャニング。
  D: SWOT分析。

例題の解答

1.ISO 55002の指針によれば、運用・維持管理計画の変更は誰に伝達されるのが望ましいか?
正解 B: 伝達計画で決められたように。

2.組織がそのアセットからの価値を実現しようとするとき、変更の検討や実施に際して、確実かつ適切に
  バランスさせることを検討しなければならない3つの要因は何か?
正解 D: コスト、リスク、パフォーマンス。

3.トリプルボトムライン評価とは何を意味するか?
正解 A: 社会、環境、経済の要因を意思決定プロセスに統合すること。

4.FMECAとは何か?
正解 C: 故障モード・影響及び致命度解析。

5.次のうち、組織に影響を与えるかもしれない外部の変化を評価するアプローチとして正しくないものはどれか?
正解 B: HAZOPスタディーズ。

例題5 解説
A: PESTLE  市場の外部環境を分析する方法。分析する際には、その製品、サービスの競合や需要だけではなく、政治(P)、経済(E)、社会(S)、技術(T)、法規制(L)、環境(E)と幅広い角度から見る事が重要。
B: HAZOPスタディーズ  Hazard and Operability Studyの略。FMEAが構成要素の故障からの影響を分析する手法であるのに対して、対象の振舞いや特性を表すパラメータに対して、それが適切な値からずれた場合の影響がどのようなHazardにつながるのかを分析する手法。
C: 環境スキャニング  事業体が置かれている外部環境に対する情報を組織的に収集・集約・評価し、事業経営の方針・目標設定に資することを目的とするマネジメント手法の一種。
D: SWOT分析  目標を達成するために意思決定を必要としている組織や個人のプロジェクトやベンチャービジネスなどにおいて、外部環境や内部環境を強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つのカテゴリーで要因分析し、事業環境変化に対応した経営資源の最適活用を図る経営戦略策定方法の一つ。