JAAM日本アセットマネジメント協会

一般社団法人 日本アセットマネジメント協会
HOME > ISO 55000シリーズ

改訂版ISO 55002:2018 ISO 55001の適用のためのガイドライン

実際の適用に基づく改訂

改訂版のISO 55002:2018は、この4年間で、ISO 55001をいち早く取り入れた30か国以上にわたる国々の組織の経験をもとに、開発されました。規格には、ISO 55001に基づいたアセットマネジメントシステムを、どのように導入したら良いか、詳しく記載されています。

主な特徴

ISO 55002は以下のような事項を含むように、大幅に加筆されました。

  1. ISO 55001の各箇条の要求事項について、その要求事項がアセットマネジメントの4つの「基本」―価値、整合性、リーダーシップ、保証―に、どのように貢献するのかを含む、詳細なガイダンス。
  2. ISO 55001の要求事項を、アセットマネジメントの鍵となる領域―アセットポートフォリオ、アセットマネジメントシステム、そしてアセットマネジメント自体―に、どのように適用したら良いか。
  3. アセットマネジメントシステムの一部として考慮する必要がある、箇条横断的な7つの主題について、新たに追加されたガイダンス。詳細は以下をご覧下さい。

ISO 55002:2018 – 好評発売中

改訂版のISO 55002:2018は、日本規格協会から購入することができます。ISO 55000シリーズ規格についてより詳しい情報は、 https://www.ja-am.or.jp/iso55000s およびcommittee.iso.org/tc251をご参照下さい。

箇条横断的な主題についてのガイダンス

価値
改訂版のISO 55002:2018では、ISO 55000シリーズを通して使われている「価値」という用語を明確にしています。 組織の活動を、戦略目標と関連付けて説明しようとする場合、価値を理解することは非常に大切です。アセットによって生み出される価値を十分に理解し、リスクを軽減する行動やそのための費用がどのようにその価値を守り、支えるかがわかっていれば、意思決定過程はより明快で明確になります。 「価値」の意味は、その言葉が使われる文脈や、ステークホルダーによって、大きく異なることがありますが、それでも、それを正しく定義し、合意することは必要不可欠です。ISO 55002は、組織の中で価値という言葉が意味し得る、あらゆる概念を定義するのに役立ちます。

アセットマネジメントシステム(AMS)の適用範囲
「私の組織のAMSは、ISO 55001に準拠しているのか?」という疑問は、多くのアセットオーナーとサービスプロバイダにとって重要な問題です。認証を取得することができるかを知りたい場合もあるでしょう。この疑問に答えるためには、AMSの適用範囲を明確に定義する必要があります。ISO 55002は、確信を持って適用範囲を定義するのに役立ちます。 このガイダンスでは、組織設計、役割と責任、意思決定、アセットの性質と重要性、アウトソーシングにおける契約関係、適用期間、他のマネジメントシステムとの相互関係といった、関連する要素が取り上げられています。

戦略的アセットマネジメント計画(SAMP)
SAMPは、アセットマネジメントシステムを成功させるための重要な要素ですが、多くのアセットマネージャーはSAMPの作成に困難を感じています。ISO 55002では、SAMPの目的や、アセットマネジメントの目標がアセットマネジメント計画とどのように関連付けられるかを説明しています。さらに、優れたSAMPに含められるべき具体的な主題や要素について詳説しています。

アセットマネジメントの意思決定
情報に基づく意思決定を、素早く、正確に、適切なパフォーマンス評価と共に行う能力は、アセットマネジメントの中核的な部分です。組織の目標や方針から導かれた意思決定基準によって、全ての意思決定の一貫性と透明性が保証されます。 ISO 55002は、プロセス、基準、ガバナンスの側面を含む、堅牢な意思決定の枠組みを構築する方法を説明しています。また、シナリオの使用、多数の選択肢、ライフサイクルへの影響の考慮といった、意思決定のベストプラクティスの例も取り上げています。

リスクマネジメント
リスクマネジメントは、アセットマネジメントに必要不可欠な部分であり、より強調されてきました。 改訂版のISO 55002:2018では、アセット、アセットポートフォリオ、アセットマネジメントのプロセス、そしてアセットマネジメントシステムに適用される、リスクマネジメントのプログラムをどのように確立するかが概説されています。これにより、統合アセットマネジメントプログラムが明確にされ、アセットマネージャーは、アセットマネジメントとリスクマネジメントとの関係をよりよく理解することができるようになります。

財務
財務と非財務の機能の相互作用は、優れたアセットマネジメントにとって極めて重要であり、なくてはならないものです。 ISO 55002によって、共通のプロセスと活動に関わる、異なる役割、責任、機能、権限を持つ人々や部署、財務と非財務の活動の整合を確立する方法を理解することができます。 財務と非財務の機能の緊密な連携を達成するには、財務と非財務のデータの正確さと一貫性に十分な注意を払う必要があります。ISO 55002は、意思決定プロセスを支援し、保証を与えるような情報管理のアプローチを見つけ出すのに役立ちます。

あらゆる組織への拡張性(スケーラビリティ)
ISO 55002は、あらゆる組織がアセットマネジメントシステムの導入によって効率性と有効性を向上させられることを示しています。 ISO 55000シリーズは、主に国際的な組織によって利用されていますが、中小規模の組織―公的機関か民間企業かに関わらず―にも利用でき、またすべてのタイプのアセットや運営環境において利用できます。どのような組織でも、アセットマネジメントシステムによって生まれる明確な統制系統と直接のやり取りによって、便益を得ることができます。 このガイドラインは、アセットマネジメントシステムの適用範囲や要求事項を、組織の複雑さ、状況、アセットポートフォリオに応じて設定するための適切なアプローチを見つけ出すのに役立ちます。

ISO 55002:2018のリーフレット(PDF)を、こちらからダウンロードできます。

また、プレゼンテーション資料(PDF)を、こちらからダウンロードできます。