JAAM日本アセットマネジメント協会

一般社団法人 日本アセットマネジメント協会
HOME > JAAMメールマガジン

7月9日 JAAMメールマガジン 第13号


一般社団法人日本アセットマネジメント協会 JAAMメールマガジン H30.7.9 発行

■今回の記事一覧
1.小林会長のあいさつ
  ロジックモデル
2.セミナー情報
  ① KBRC主催「アセットマネジメント技術講習会2018」のご案内
  ②「CNCP・SLIM JAPAN 合同シンポジウム~アセットマネジメントを自治体行政に活かす には~」のご案内

 

【小林会長のあいさつ】
ロジックモデル

 ロジックモデルとは、最終的な成果を設定し、それを実現するために、具体的にどのような 中間的な成果が必要か、さらに、その成果を得るためには何を行う必要があるのかを体系的に 明示するためのツールである。ロジックモデルは、具体的な活動から最終的な成果に至るまでの 中間段階で起こりうる様々な出来事を要素として示し、それら要素間の関係を1本もしくは複数 の線でつなげることによって、成果達成のための道筋・手順を明らかにする役割を果たす。通常、 施策・事業対象の変化・改善度合いを表すアウトカムについては、数段階にブレイクダウンして 表現する。ロジックモデルの形式的な特徴としては、

・活動(投入資源)から最終的な成果に至るまでの過程を1本もしくは複数の線によってつなげること
・成果の段階を複数段階に分けて提示すること

の2点により、ブラックボックスになりがちである施策・事業の成果導出過程を誰の目にも明らかな形で示すことができる点にある。

 我が国においても、アセットマネジメントのためのロジックモデルがいくつか提案されている。 図は、阪神高速道路(株)によって開発されたロジックモデルの一部を紹介している。そこでは、 インプットを日常維持管理業務の活動状況・頻度、最終アウトカムを道路利用者が享受する 「路上走行の安全性の確保」等とし、中間段階で考えうる因果関係を中間アウトカム指標や アウトプット指標を用いて可能な限り定量的に評価できるように体系化している。さらに、 インプットとアウトカムの関係を定量的に評価するために政策評価モデルの開発を試みている。 さらに、リスク評価、及び財務評価に基づいて管理水準を決定するとともに、それを達成する ための維持管理方法を検討することにより、アセットマネジメントの継続的改善を目指している。

ロジックモデルの一例

図版を拡大する

 ISO 55001では、アセットやアセットマネジメントのパフォーマンス評価を要請している。 ロジックモデルが作成されていれば、パフォーマンス評価を行うためのアウトプット指標、 アウトカム指標の定式化や、組織内に蓄積すべき情報を体系的に整理できる。アセットマネジ メントシステムは、一朝一夕でできるものではない。試行錯誤を経て、継続的に改善していく ことが必要である。ロジックモデルが作成されていれば、パフォーマンス評価に基づいてロジック モデルそのものを改善したり、ロジックモデルの箱の中に入っている維持補修技術やマネジメント 技術を修正することにより、明示的にアセットマネジメントシステムの継続的改善につなげていく ことが可能である。

参考文献
1) 小林潔司、田村敬一編著:実践 インフラ資産のアセットマネジメントの方法、理工図書、2015.


【イベント情報】
①KBRC主催「アセットマネジメント技術講習会2018」のご案内

主催:一般社団法人京都ビジネスリサーチセンター アセットマネジメント研究所
後援:一般社団法人日本アセットマネジメント協会 他

 9月3日(月)~9月5日(水)に「アセットマネジメント技術講習会2018-アセットマネジ メント技術の最新潮流-」が開催されます。日本アセットマネジメント協会は、昨年に引き続き、 本講習会を後援いたしますので、ご案内いたします。
本講習会では、ISO標準のインフラアセットマネジメントを行う際に必要となるマネジメント技術に焦点を当て、ISO型アセットマネジメントの基本的な概念を始め、インフラデューデリジェンス、 成熟度評価、プロファイリング、ベンチマーキング、センサー等の新技術の活用と大規模修繕計画等の最先端のマネジメント技術についての解説及び具体的な社会インフラアセットマネジメント への実装について事例検証を通じて紹介します。
 講習会は、認定アセットマネージャー国際資格(CAMA資格)の更新に必要なCPDの対象 プログラムに認定されており、CPD単位認定を受けることが可能です。
 アセットマネジメントに関する最新の知見を、広く深く理解する絶好の機会ですので、奮ってご参加下さい。

【日時】平成30年9月3日(月)~9月5日(水)
【会場】京都大学産官学連携本部 東京日本橋サテライトオフィス9階 912, 913会議室
    東京都中央区日本橋本町2-3-11日本橋ライフサイエンスビルディング
講習会のプログラムや参加費、申込等の詳細につきましては、こちらをご参照下さい。


【イベント情報】
②「CNCP・SLIM JAPAN 合同シンポジウム~アセットマネジメントを自治体行政に活かすには~」のご案内

2018年8月21日(火)の午後に、NPO法人シビルNPO連携プラットフォーム(CNCP)・  NPO法人社会基盤ライフサイクルマネジメント研究会(SLIM JAPAN)の合同シンポジウム 「アセットマネジメントを自治体行政に活かすには」が開催されます。当協会の小林会長も 「最新のアセットマネジメントの取り組み」について講演されます。アセットマネジメント事業 の関係者におかれましては、是非参加をご検討下さい。
 本セミナーは⼟⽊学会認定(予定) CPD プログラムです。

【日時】2018年8月21日(火)12:45~18:45(12:00開場)
【会場】東京大学伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホール
講習会のプログラムや参加費、申込等の詳細につきましては、こちらをご参照下さい。


 

発行元: 一般社団法人 日本アセットマネジメント協会(JAAM)      
https://www.ja-am.or.jp  
メルマガの登録: https://www.ja-am.or.jp/mailmg  
メルマガの登録解除: https://www.ja-am.or.jp/mailmg/cancel.html  
※登録内容の変更は、お手数でございますが、一旦登録を解除した後、再度登録して下さい。  
お問い合わせ: inquiry[*]ja-am.or.jp
([*]の部分を@に置き換えてください)