JAAM日本アセットマネジメント協会

一般社団法人 日本アセットマネジメント協会
HOME > JAAMメールマガジン

12月6日 JAAMメールマガジン 第18号

一般社団法人日本アセットマネジメント協会 JAAMメールマガジン H30.12.6 発行

■今回の記事一覧

  1. コラム「規格をビジネスに活かす(4)」
  2. アセットマネジメントシステム関連情報
    • ISO 55002:2018が発行されました
  3. イベント情報
    • 第3回アセットマネジャー国際検定試験(CAMA試験)のお知らせ

 

■【コラム】
規格をビジネスに活かす(4)

 日本が2014年12月にISOの専門委員会TC 282(水の再利用)の分科委員会SC3(水の再利用システムのリスクとパフォーマンスの評価)で行った「再利用水の水質階級分類に関するガイドライン規格」の開発提案は、投票の結果採択された。日本の提案は、対象とする再利用水を純水で何倍までに希釈すれば、世界保健機関(WHO)の定める飲料水の水質基準を満足するかを計算し、その希釈倍率で水質階級を判定するというものであった。臭気のある気体を無臭の空気で希釈し、臭いが感じられなくなる希釈倍数を臭気濃度という。水質階級分類は、臭気濃度にヒントを得て考案されたものである。
 中国と韓国には、あらかじめこの規格案への賛同を取りつけていたので、両国から反対意見は出なかったが、フランス、ポルトガルなどヨーロッパの国々からの異論が多く、妥協に次ぐ妥協を重ねた末、結局下水処理の程度に応じた大まかな分類方法に収まった。元の案では精密な水質分析を行う必要があり、途上国等への負担が大きすぎるというのが主な反対意見である。この修正案は、膜処理をはじめとする日本の高度な水処理技術の優位性を際立たせるには正直なところパンチ不足であった。しかし、規格開発に妥協はつきもの、数に勝る反対意見を無視することもできず、日本としては軌道修正に応じることとし、規格はすでにISO 20469: 2018として発行されている。
 現在TC282/SC1では、日本企業が中心となって、オゾン処理、紫外線処理、膜処理といった個別技術ごとの規格開発が進められており、温室効果ガス排出量に基づく処理システムのパフォーマンス評価法に関する規格開発も、日本主導で行われている。模索しながらではあるが、水の再利用の分野では、文字通り規格をビジネスに活かすための取組みが展開されているのである。
 自分に都合のいいような「『我田引水』の評価方法」の規格開発において最近注目を集めているのが、信頼性工学である。特定の産業分野に信頼性工学を適用する規格の典型例として、鉄道RAMSと呼ばれる規格がある。RAMSはReliability(信頼性)、Availability(アベイラビリティ)、Maintainability(保全性)及びSafety(安全性)の頭文字をとった一つに概念を表す略語で、1999年に鉄道RAMS欧州規格(EN 50126)が制定され、続いて2002年に鉄道RAMS国際規格(IEC 62278)が制定された。これらの規格は、EUの鉄道政策とあいまって、ヨーロッパにおける鉄道産業の変革に大きく寄与した。そのなかで、国際規格をテコにした戦いがあり、鉄道産業には、この規格をうまく活用して成長した企業もあれば、衰退した企業もあった。このことは次回ご紹介する。

(日本アセットマネジメント協会理事 藤 木  修)

■【アセットマネジメントシステム関連情報】
ISO 55002:2018が発行されました

ISO/TC251で改訂作業が進められていたISO 55002(アセットマネジメント-マネジメントシステム-ISO 55001適用のための指針)ですが、前回のメルマガでご報告したオランダ・アメルスフォルト会議での承認を受け、11月に改訂版が発行されました(こちらで紹介、販売が行われています)。今後は、新版のISO 55002:2018をご参照ください。引きつづきJAAMでは、新しく発行されたISO 55002:2018の邦訳版の作成やJIS化等に尽力してまいります。

■【イベント】

第3回アセットマネジャー国際検定試験(CAMA試験)のお知らせ(2019年1月27日(日))

JAAMでは、2019年1月27日(日)に第3回アセットマネジャー国際検定試験(CAMA試験)を実施いたします。今回は新たに札幌でも開催予定です。
また、試験のための事前対策講習会も実施いたします
アセットオーナー(国や地方公共団体で公物管理のご担当者)をはじめ、企業、公的機関等でアセットマネジメントの構築やISO 55000シリーズに関連する業務に携わる方、ISO 55001内部監査員・審査員などの方に、奮ってご参加下さいますようご案内申し上げます。
※検定試験を受験するには過去に事前対策講習会を受講していることが必須となります。
事前対策講習会の申込みは12月10日(月)までですので、申込忘れのないよう、お気を付けください。

第3回アセットマネジャー国際資格検定試験(CAMA試験)
日  時: 2019年1月27日(日)
実施場所: 東京、大阪、札幌

事前対策講習会 ※申込締切日:2018年12月10日(月)
日  時: 2018年12月14、15、16日
実施場所: 札幌(12月14日)、大阪(12月15日)、東京(12月16日)

https://www.ja-am.or.jp/cama/index.html



 

発行元: 一般社団法人 日本アセットマネジメント協会(JAAM)      
https://www.ja-am.or.jp  
メルマガの登録: https://www.ja-am.or.jp/application/mailmg_index.html  
メルマガの登録解除: https://www.ja-am.or.jp/application/mailmg_cancel.html  
※登録内容の変更は、お手数でございますが、一旦登録を解除した後、再度登録して下さい。  
お問い合わせ: inquiry[*]ja-am.or.jp
([*]の部分を@に置き換えてください)