JAAM日本アセットマネジメント協会

一般社団法人 日本アセットマネジメント協会
HOME > JAAMメールマガジン

8月8日 JAAMメールマガジン 第26号

一般社団法人日本アセットマネジメント協会 JAAMメールマガジン 2019.08.08 発行

■今回の記事一覧

  1. コラム「ISO 55001へのアプローチ:サービスプロバイダー編(3)
  2. アセットマネジメントシステム関連情報
    • 〇京都大学/KBRC共催「アセットマネジメント技術講習会2019」が開催されます。
    • 〇「JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価」が出版されます。
  3. イベント情報
    • 〇「JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価」出版記念セミナー(2019年8月23日(金))
    • 〇第4回認定アセットマネージャー国際資格検定試験(2019年11月23日(土))
    • 〇 第3回JAAM研究発表会(2019年10月31日(木))

 

■【コラム】
ISO 55001へのアプローチ:サービスプロバイダー編(3)

前回から、サービスプロバイダーがISO 55001に取り組む際に、留意すべき規格の特徴について取り上げています。前回はステークホルダーとSAMPを取り上げましたが、今回はリスクとパフォーマンスについて触れてみたいと思います。

・リスク
リスクについては、従来から環境や労働安全衛生の分野では取り上げられていましたが、ISO規格の2015年版改定から普遍的に導入された概念です。リスクは、発生確率と影響の大きさのマトリクスによって評価されるパターンが一般的です。
インフラ施設に発生する脅威(リスク)としては、物理的な故障や運転操作のエラーなど内的要因によるもの、災害によるダメージや外部供給による影響など外的要因によるものがあります。これらの操業時点でのリスクの他に、アセットマネジメントの場合は、経時的変化/時間軸を考慮する必要があります。一般的に、インフラ施設は経年により性能劣化が進行すると共に、故障が発生する確率は高くなります。また、これらの物理的なリスクが財務面に与える影響についても考慮しておく必要があります。

・パフォーマンス
モニタリングによって得られた情報の中で、パフォーマンス評価の対象となる項目は多数あります。法的要求事項などの順守評価、インシデント発生などに関連するオペレーションの状態評価、など様々な項目がありますが、その中でも技術的な情報(機能不全、劣化/損傷など)を財務的な評価にむすびつけることが重要となります。
規格要求事項としても、財務的及び非財務的なデータ間の一貫性が求められており、この要求は他のシステム規格にはないアセットマネジメントシステムの特徴となっています。
しかし、アセットオーナーの会計システムに技術的情報がうまく取り入れられているケースは多くないと考えられます。また、サービスプロバイダーがアセットオーナーの会計システムに直接、関与する機会も少ないと思われます。
このような構造的な問題が障壁となっている傾向はありますが、アセットオーナーは、劣化調査/予測により、将来どの時期にどれだけの投資が必要かを事前に把握しておく必要があります。その情報により、収益の中から予めどれくらいの金額を引当しておくか、これは財務的なマネジメントの問題に直結します。
サービスプロバイダーとしては、技術的な問題の他に、どの程度の投資が必要なのか、その効果とともに情報提供する必要があります。

少子高齢化が進み、利用者人口の減少により、将来的に収益が見込めない事業ケースが多いと想定されます。「ヒト・モノ・カネ」が不足する中でリスクを抱えながら、インフラ資産をどのように維持していくか、多くのアセットオーナーがこの問題に直面しています。サービスプロバイダーは、物理的・機能的な評価にとどまらず、財務的指標により、意思決定基準となる情報を提供することが望まれます。(以下、次号に続く)


(日本アセットマネジメント協会理事 藤 井  信 二)

■【アセットマネジメントシステム関連情報】

○京都大学/KBRC共催「アセットマネジメント技術講習会2019」が開催されます。

8/19(月)~21(水)に、京都大学経営管理大学院と(一社)京都ビジネスリサーチセンター(KBRC)アセットマネジメントインスティチュート(AMI)の共催にて「アセットマネジメント技術講習会2019―役に立つ予測と意思決定の方法―」が開催されます。JAAMは、昨年に引き続き、 本講習会を後援いたしますので、ご案内いたします。
本講習会では、アセットの将来を予測しそれに基づいて意思決定を行うための統計学的方法論について、実務で役に立つ技術を、その理論的背景や適用事例などを交えながら分かりやすくご紹介します。
講習会は、土木学会及びJAAMの認定CPDプログラムとして、単位認定を受ける事が可能です。奮ってご参加下さい。

日  時: 2019年8月19日(月)~21日(水)
場  所: 京都大学産官学連携本部 東京日本橋サテライトオフィス9階 912,913会議室
     東京都中央区日本橋本町2-3-11日本橋ライフサイエンスビルディング

詳細情報、お申込は、以下URLをご参照ください。

http://kbrc.jp/asset/ss.php

○「JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価」が出版されます。

JAAMでは、アセットマネジメントやアセットマネジメントシステムの国際規格ISO 55001に関する疑問や意見に応える、「JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価ガイドブック」を、8月9日に出版することとなりました。
ガイドブックでは、アセットマネジメントのプロセスを「リスク管理」、「ライフサイクル管理」、「パフォーマンスモニタリング」など「8つの領域」に分類し、さらに「193の詳細プロセス」に細分化して解説を加え、ISO55001との対応関係を明らかにするとともに、その成熟度を評価する「初級・中級・上級」の3つの基準を示しています。

AMシステム

ガイドブックにおけるアセットマンジメントプロセスの全体像

ガイドブックは、以下のような取り組みをしている組織や個人を中心に、アセットマネジメントを志す全ての方に役に立つ内容となっています。

  • 「これからISO 55001導入しようとする組織」にとっては、何をすればよいかの指針となる。
  • 「既にISO 55001を認証取得している組織」にとっては、要求事項の各項目に対し、どのレベルにあるかのセルフチェックができる。
  • 「アセットからのサービスの提供を受ける顧客、投資家、金融セクター、格付け機関といったステークホルダー」にとっての重要な情報となる。
  • 「国際認定アセットマネージャー(CAMA試験合格者)」にとっては、アセットマネジメントの実務にあたっての「座右の銘」となり、有資格者を目指す方には、その教本の一つとして有用である。
  • 「ISO 55001の認証取得に向けてコンサルティング活動」を行っている方には、認証を取得しようとしている組織のアセットマネジメントシステムのレベル(認証前の成熟度)を見極めるために活用できる。
  • PPP/PFIにおいて民間受託事業者のパフォーマンスをモニターし、評価するための方法論を提供する。
お買い求めは、全国の書店、またはJAAMまでお問合せ下さい。
また、書籍の出版を記念し、8月23日にセミナーを開催します。詳細は次項をご覧下さい。

【イベント情報】

○「JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価」出版記念セミナー(2019年8月23日(金))

JAAMでは、書籍「JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価」の出版を記念し、セミナーを開催いたします。セミナーでは、書籍を執筆した著者らが、「なぜ、今、JAAMは『JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価』を発刊したのか」、「書籍の構成はどのようになっているか」、「この書籍をどのように読み解いたら良いか」、「成熟度評価の国際的な取組みはどのようになっているか」など、最新の情報も踏まえ、わかりやすく解説します。書籍の内容をより深く理解し、実際の適用における疑問を解消する絶好のチャンスです。ぜひご参加下さい。

日  時: 2019年8月23日(金)10:00~16:30
場  所: ビジョンセンター田町2F
     東京都港区芝5-31-19 ラウンドクロス田町2F/4F

詳細情報、お申込みは、以下URLをご参照ください。
https://www.ja-am.or.jp/seminar_lecture/20190823publishing_seminar.html

○第4回認定アセットマネージャー国際資格検定試験(2019年11月23日(土))

JAAMでは、第4回認定アセットマネージャー国際資格検定試験(日本語版CAMA試験)を、2019年11月23日(土)に実施することになりました。また、試験のための事前対策講習会も実施いたします。
アセットオーナー(国や地方公共団体で公物管理のご担当者)をはじめ、企業、公的機関等でアセットマネジメントの構築やISO 55000シリーズに関連する業務に携わる方、ISO 55001内部監査員・審査員の方など、奮ってご参加下さい。

第4回認定アセットマネージャー国際資格検定試験(日本語版CAMA試験)
日  時: 2019年11月23日(土)
実施場所: 東京、大阪、札幌、福岡

事前対策講習会
日  時: 2019年10月24、25、26、27日
実施場所: 福岡(10月24日)札幌(10月25日)、大阪(10月26日)、東京(10月27日)

※検定試験を受験するには過去に事前対策講習会を受講していることが必須となります。

詳細情報、お申込みは、以下URLをご参照ください。
https://www.ja-am.or.jp/cama

○第3回JAAM研究発表会(2019年10月31日(木))
JAAMでは、アセットマネジメントに関連する研究事例、実践事例等の幅広い知識・知見を、研究者、実務者、マネジメント層など多くの関係者と共有するために、研究発表会を開催しています。今般、第3回JAAM研究発表会を下記のとおり開催することが決定いたしました。
優秀な発表にはJAAM賞の授与も予定していますので、奮ってご参加下さい。

期  日: 2019年10月31日(木)
場  所: TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tokyo-yaesu/access/

発表募集等の詳細は今後、以下のホームページ及び本メールマガジンでご案内いたします。また、過去の研究発表会の様子や投稿された論文等も、以下のホームページからご覧いただけます。
https://www.ja-am.or.jp/research_publication


発行元: 一般社団法人 日本アセットマネジメント協会(JAAM)      
https://www.ja-am.or.jp  
メルマガの登録: https://www.ja-am.or.jp/application/mailmg_index.html  
メルマガの登録解除: https://www.ja-am.or.jp/application/mailmg_cancel.html  
※登録内容の変更は、お手数でございますが、一旦登録を解除した後、再度登録して下さい。  
お問い合わせ: inquiry[*]ja-am.or.jp
([*]の部分を@に置き換えてください)