JAAM日本アセットマネジメント協会

一般社団法人 日本アセットマネジメント協会


報道関係各位

2019年7月18日
一般社団法人 日本アセットマネジメント協会

一般社団法人 日本アセットマネジメント協会(JAAM)
「JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価」
出版記念セミナー開催のご案内

- 2019年8月23日(金)10時 -

拝啓 
貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、2017年5月19日に設立いたしました一般社団法人日本アセットマネジメント協会(JAAM:会長小林潔司(京都大学名誉教授)では、アセットマネジメントやアセットマネジメントシステムの国際規格ISO 55001に関する疑問や意見に応えるため、「JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価ガイドブック」を発刊するともに、下記の通り、8月23日(金)に出版記念セミナーを開催いたします。

「JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価」では、アセットマネジメントのプロセスを「リスク管理」、「ライフサイクル管理」、「パフォーマンスモニタリング」など「8つの領域」に分類し、さらに「193の詳細プロセス」に細分化して解説を加え、ISO55001との対応関係を明らかにするとともに、その成熟度を評価する「初級・中級・上級」の3つの基準を示しています。

成熟度評価の手法は、既に英国、米国、オーストラリア等で確立され、実際にアセットマネジメントシステムを展開している組織の成熟度の評価が行われています。JAAMは発足以来、日本のアセットマネジメントの実態を踏まえ、「日本型の成熟度評価のあり方」を検討してきました。そして、今回、アセットマネジメントの達成度、成熟度を評価する目安を示すことに成功しました。

日本では既に54の組織がISO 55001を認証取得しているなか、成熟度評価に取り組むことは、継続的改善に向けたベンチマークを明確にし、システムに磨きをかけていくために役立ちます。さらにこのことは、認証取得企業間の比較優位、国際的な競争力の確保につながるはずです。

今回発行する成熟度評価も皆さん方と具体的に運用していく中で、ISOマネジメントシステムの基本である「PDCA」による継続的改善を重ね、将来的には「レベル1(初級)、2、3(中級)、4、5(上級)」の5段階評価としていきたいと考えています。

「JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価」の読者には、今回、「初級、中級、上級」の3段階のレベルを公表することで、ISO 55001のそれぞれの要求事項に対し、どのような取り組みをしていけばよいかの目安を示すことができると確信しています。具体的には、次のような取り組みをしている組織、個人にとって、価値あるものとなることを期待しています。

・「これからISO 55001導入しようとする組織」にとっては、何をすればよいかの指針となる。

・「既にISO 55001を認証取得している組織」にとっては、要求事項の各項目に対し、どのレベルにあるかのセルフチェックができる。

・「アセットからのサービスの提供を受ける顧客、投資家、金融セクター、格付け機関といったステークホルダー」にとっての重要な情報となる。

・「国際認定アセットマネージャー(CAMA試験合格者)」にとっては、アセットマネジメントの実務にあたっての「座右の銘」となり、有資格者を目指す方には、その教本の一つとして有用である。

・「ISO 55001の認証取得に向けてコンサルティング活動」を行っている方には、認証を取得しようとしている組織のアセットマネジメントシステムのレベル(認証前の成熟度)を見極めるために活用できる。

・PPP/PFIにおいて民間受託事業者のパフォーマンスをモニターし、評価するための方法論を提供する。

以上のような、ISO 55001に価値を見出し活動している組織、個人のニーズに応えることができるように「JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価」は編集されています。

本出版記念セミナーでは、「なぜ、今、JAAMは『JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価』を発刊したのか」、「書籍の構成はどのようになっているか」、「この書籍をどのように読み解いたら良いか」、「成熟度評価の国際的な取組みはどのようになっているか」など最新の情報も踏まえ、わかりやすく解説します。

8月23日のセミナーを受講し、「JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価」を読み返していただければ、ISO 55001の運用にあたっての継続的改善に成熟度評価がいかに重要であるかをご理解いただけることでしょう。

多くの方々の参加をお待ちしております。

敬具

― 記 ―

1.日 時:2019年8月23日(金)10時00分から16時30分 (受付 9時30分~)

2.場 所:ビジョンセンター田町2F(https://www.visioncenter.jp/tamachi/access/)       

 東京都港区芝5-31-19 ラウンドクロス田町2F/4F

3.プログラム 

10:00~10:30

ガイドブックの役立て方

藤木修(京都大学)

10:30~11:00

JAAMの考えるアセットマネジメントプロセスのコンセプト

水谷哲也(仙台市)

11:00~12:00

成熟度評価の考え方と使い方

山本富夫((株)日本環境認証機構)

 

<休 憩>

 

13:00~13:30

海外における成熟度評価の取組とJAAMの役割

竹末直樹((株)三菱総合研究所)

13:30~16:00

アセットマネジメントプロセスの全体概要

水谷哲也(仙台市)

16:00~16:30

JAAMの成熟度評価の今後の展開と、セミナー参加者とのコミュニケーション

戸谷有一((株)マネジメントシステム評価センター)

*プログラムは変更する場合があります。
4.テキスト: 
「JAAMガイドブック 実務者のためのアセットマネジメントプロセスと成熟度評価ガイドブック」
5.定員(予定):100名・先着順
6.参加費:法人会員、準会員、個人会員:9,000円、非会員:10,000円
(書籍代3,900円「税抜き」含む)
*当日受付でのお支払いをお願いいたします。
申込み方法:JAAMホームページ
https://www.ja-am.or.jp/seminar_lecture/20190823publishing_seminar.html
からお申し込みください。

<問合せ先>
■一般社団法人 日本アセットマネジメント協会 事務局(担当:村松、相良)
電話番号:03-5418-5517 FAX番号:03-5418-5563
メールアドレス:inquiry_at_ja-am.or.jp

* _at_を@に置き換えてください。

[アクセス]
●JR山手線・京浜東北線「田町駅(三田口)」徒歩2分
●都営浅草線・三田線「三田駅(A3出口)」徒歩1分

 

 

 

 

成熟度評価ガイドブック出版記念セミナー」業界紙に掲載されました