JAAM日本アセットマネジメント協会

一般社団法人 日本アセットマネジメント協会
HOME > セミナー・講演会

1/24(月) アセットマネジメントのための資産評価
-公共インフラ管理と地域アセットマネジメントプラットフォームの活用に向けて-

開催趣旨

 自治体が保有するインフラアセットの維持管理に関し、アセットマネジメント計画の策定と管理のために、適切な資産評価とその活用が求められています。同時に、地域にある道路、公園、上下水道、公共建築物などの公共施設やインフラアセットを共同かつ効率的に管理するための新たな組織「地域アセットマネジメントプラットフォーム」の役割が期待されています。
 一昨年来、JAAM「インフラ資産評価小委員会」では、資産評価やアセットマネジメントプラットフォームに関する議論・検討を進めてきました。小委員会での活動を踏まえ、本セミナーでは「インフラ資産評価の基礎」「アセットマネジメントプラットフォームとその価値」「資産評価のための劣化予測」など基礎的な考え方と方法論などの講義に加え「実践にむけた事例(下水道、橋梁)」の紹介等を行います。この分野に関心の高い自治体関係者や建設コンサルタント等の関係者に対して、アセットマネジメントプラットフォームを通じたインフラ管理に必要となる資産評価の考え方と実践的な手法等の理解を目的として開催します。

JAAM Webセミナー開催要領

日時 令和4年1月24日(月) 15:00—17:30
セミナー開催方式 参加申込者には、別途Webセミナー(Zoom)への参加方法などメールにてご案内申し上げます。
参加費 後日、お振り込み先をメールにてご案内いたします。  JAAM会員(法人会員・法人準会員・個人会員)及びJAAM会員組織の職員:5,500円(税込み)  JAAM非会員:11,000円(税込み)

 

プログラム (敬称略)

開催あいさつ 小林潔司(京都大学)
インフラ資産評価の基礎 江尻 良(京都大学)
アセットマネジメントプラットフォーム 藤木 修(京都大学)
竹末直樹(三菱総合研究所)
アセットマネジメントプラットフォームの価値 松島格也(京都大学)
インフラ会計 江尻 良(京都大学)
劣化予測とライフサイクル費用評価 貝戸清之(大阪大学)
実践に向けた適用事例 堀 倫裕(大成建設)
新田耕司(中央復建コンサルタンツ)